母乳育児という選択

母乳育児の大切さというのが最近ではよく言われます。母乳育児をした子供のほうが圧倒的に免疫力が高いためです。母乳からもらうのは単純に栄養ではなく、自己防衛のための様々なホルモンなどを含むためです。そのため、昔ながらの母乳で育てる育児が見直されてきました。母乳をよく出すためには母乳マッサージや体を温める体操、母乳を出すために良い食事内容の見直しなど、様々な方法があります。

その中でも、食事の見直しは重要なポイントです。母乳をよく出すためには母乳の原料となる血液を作る元となる食事が大切です。[母乳が出ないと思い込みミルクにする。すると母乳を出す機能を刺激しないため機能が落ちていく。結果としてもっと出にくくなり、母乳育児をあきらめる]という悪循環も起こります。母乳をよく出すためには母体にストレスがかからない環境づくりも大切なポイントの一つです。睡眠不足などは特に血液を作る妨げになりますから、少しの合間を見つけて休む、あるいは少し家事を減らして休む時間に充てるのも大事です。

もちろん、母乳が出にくいというお母さんもいらっしゃいます。赤ちゃんの体重が落ちてくると問題になりますが、そこはミルクと母乳の混合にしていくなり、ミルクを中心に使うなり対応していくことでストレスのない子育てを実現していくほうが母子ともに心身を健康に保てます。母乳の出具合いは赤ちゃんと二人三脚で増やしていくものなので、出にくいとあきらめずに数週間から3か月ぐらいの長い期間で増やしていきましょう。

[関連サイト特集]
こちらのサイトは母乳育児をしている母親用のハーブティーを販売しています・・・母乳 ハーブティー

 

Copyright © 2014 母乳が良く出る食べ物 All Rights Reserved.